現実逃避のお知らせ

現実逃避の何が悪い!(`ヘ´#)←開き直り

諸事情により、このブログの主は、本名で戦うことを恐れ、ネット上にもう1人の人格を作りあげることで、現実から逃げることを選択しました。

最近の主は、よくラベリングについて、考えています。
私たちは、誰かとの関係性を、第三者に説明する際、「友達」「上司」といった、便利な言葉を使いますが、私自身の人との付き合い方には実は、そこまでの明確な区切りがありません。
例えば、同じ友達であってもそれぞれに同じように接している自信はありませんし、友達が上司になったり、彼氏になったとしても、もしかしたら目的によって行動が変わるかもしれません(上司に仕事の相談できなかったら色々と終わるし、友達が夫になれば一緒に住むという選択肢が出てくるでしょう)が、態度や気持ちは関係性と相関がありません。
つまり、Aさんとの関係性が、相手の中で変わったと思われていたとしても、私の中では、Aさんとの付き合いには変わりがないということになります。なぜなら、AさんはAさんであり、私の友達であろうが、彼氏であろうが、上司であろうが、Aさん以外の何者でもないからです。

さて、本名を基本的に晒している当ブログですが、上記同様に、名前はラベルでしかないと考えると、本名で運営するメリットを一切感じなくなりました。つまり、どんな名前で運営しようが、書くことには変わりがない、ということです。
発信する内容に変わりがないのだとすると、本名で発信をし続け、自分の現状を誰にでも把握され得る(メジャーになるほど記事数がないので、そんなに見てないだろっていう突っ込みはしてはいけない)状態は、私にとってはデメリットであり、精神衛生上悪いものです。

このブログの主と、今後本名ではない名前、いわゆるハンドルネームのようなもので、発信をし続ける「私」が、同一人物だと公表するのは、もしかしたら、本名たる私がよっぽど大きいことを実現したく、ハンドルネームを媒体にしようとする時でしょうが、その際、そちらのほうがメジャーであれば、もしかしたら自己のアイデンティティはハンドルネームに移るのかもしれませんね。本名は好きですが、名前が単なるラベルに過ぎないという証明としては、それはそれで面白いかもしれません。

それでは、いつかまたここで何か書く日がありましたら。